日本唯一の手木版和装本出版社
美術書出版(株)芸艸堂
UNSODO Book Web
ふれてみませんか…木版摺和装本の世界へ 神坂雪佳「狗児」
書籍へ 木版の本へ 版画へ グッズへ
本をさがす
書名
著者
キーワード
カートを確認する
ご注文について
美術図書目録2019

Contents
最新刊
オススメ
既刊案内
Topic
取扱書店
Infomation
会社案内
お問い合わせ
リンク
書店様へ注文書ダウンロード
芸艸堂 京都本店 ブログ
ぬりえ見本
商品詳細

没後30年記念 笠松紫浪―最後の新版画

没後30年記念 笠松紫浪―最後の新版画
【ISBN】 978475380316
【著者】 太田記念美術館 日野原健司 編集
【価格】 定価2,420円 (本体2,200円+税)
【発行】 2021年2月3日
【仕様】 25.6 x 18.8 x 1.2 cm/146頁
【分類】 浮世絵・版画作品集
本書は太田記念美術館で開催された「笠松紫浪―最後の新版画」展の公式図録兼用書籍です。笠松紫浪が残した作品の中から選りすぐりの130点を掲載します。貴重な肉筆原画も一部収録! 原画と木版画を比べてみると、構図や色合いなど細部の異同は分かりやすくなり、伝統木版画の良さを実感できます!1ページにつき版画1点を大きく配置し、作品として隅々までご覧いただけるようなデザインにしました。また、木版画の風合いや繊細な色彩を損なわないよう、印刷にも力を入れております。最後の新版画家・笠松紫浪の真髄をお楽しみいただける1冊となっています。

笠松紫浪(1898~1991)、大正から昭和にかけて活躍した絵師。鏑木清方に入門して日本画を学び、大正8年(1919)、版元の渡邊庄三郎から新版画を刊行した。昭和7~16年(1932~41)には、モダンな東京の街並みや温泉地の風情を淡い色彩で表現した新版画を数多く制作。戦後は渡邊庄三郎から離れ、昭和27~34(1952~59)、芸艸堂から版画作品を多数刊行。新版画の初期から関わり、戦後になっても精力的に版画を制作し続けたという意味での「最後の新版画家」。

★目次★
笠松紫浪の画業―新版画の最後の絵師として(日野原健司)
1 渡邊木版画舗版―大正8~昭和16年(1919~41)
コラム1 笠松紫浪と川瀬巴水
2 渡邊金次郎版―昭和23~25年(1948~50)
コラム2 笠松紫浪と旅
3 芸艸堂版―昭和27~34年(1952~59)
コラム3 新版画の制作
没後30年記念 笠松紫浪―最後の新版画の関連画像 没後30年記念 笠松紫浪―最後の新版画の関連画像 没後30年記念 笠松紫浪―最後の新版画の関連画像
HOMEへ
Copyright 2007 UNSODO Corporation All rights reserved.
個人情報について